相原ひとみさんの魅力は我を忘れたセックスにあり

旦那さん公認ということで、短い間に名作を何本も残してくれた相原ひとみさん。

デビュー当時は旦那さんの寝取られたい願望を叶えるためでしたが、結果的に彼女が一番楽しんでいたように思います。

そんな彼女の魅力を、作品ごとに振り返ってみましょう。

デビュー当時はカメラやスタッフが気になり、人前でのセックスに恥じらいを感じていたのです。

しかし義母シリーズになると、AV女優としての自覚が現れてきます。

それは、AVファンに演技は通用しない!本気モード全開の体当たりしかない!という自覚だと思うのです。

各シーンで印象に残っているのは、彼女のパーフェクトボディでした。

アラフォーには見えない引き締まった体と、円熟味を増した大人のエロスを感じさせたのです。

エクスタシーを感じている時にみせる、半開きの口元と目線は観る者に欲望を与え、刹那そうな顔に愛しささえ覚えてきます。

テクニック的には、男のツボを心得たフェラチオと上目使いがナイスで、受けも責めもできるタイプだと思いました。

額と首すじ、そして胸元に血管を浮き上がらせながら、オーガズムの頂点のさらに上を求めるのです。

女性がセックスでオーガズムを得るコツ・5選 (ハウコレ)|ウーマンエキサイト ニュース

満足した彼女が男優のオチンコをお掃除フェラする時、感謝の気持ちがあふれ出ていると感じました。

しかし、こんな奥さんがいたら、毎晩身が持ちません。

この記事は彼女のパーフェクトボディに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。