最終章は彼女の本性が剥きだし

相原ひとみさんがAVデビューして人気が急上昇している時に、電撃的な引退宣言となったのです。

最終章は旦那公認の「混浴 温泉1泊2日」です。

スワッピングで有名なホテルを旦那さん本人が予約!

不特定多数とのスワッピングで、彼女のエロ本性が剥きだしになる作品になっています。

エピローグは温泉旅館で浴衣に着がえる所からスタートします。

露天風呂でリラックスしていると混浴状態になり、カップルのエッチな行動に触発されるのです。

露天風呂の縁に座り指入れされながら、いやらしい音を響かせていきます。

そのまま後背位で合体!さらに騎乗位で合体の連続でした。

見てみたくなってきましたか?こちらをチェック→http://www.my-holidayrental.com/

さて、美味しい料理を頂いた後で再び露天風呂に向かうと、今度は3人の混浴者に犯されてしまいます。

後ろから突かれながら一人を手コキ、そして、もう一人をフェラしています。

スワッピングでは、知らぬお客の前で恥ずかしそうにしていますが、ピンクローターやバイブで責められると理性が崩壊!

旦那さんがいることも忘れて淫乱女へと変化していきました。

アエギ声が響き渡り、スペルマと愛液の匂いが部屋中に充満しています。

騎乗位で腰を動かしながら、もう一人をフェラ!後背位で後ろから突かれながら、もう一人をフェラ!上の口も下の口も休む暇がありません。

旦那さんの願望を叶えるためのAVデビューでしたが、彼女の願望でもあったと感じさせる作品です。